今や世界中の多くの人が利用しているFacebookの創業者であり、
最高経営責任者であるマークザッカーバーグは、
Facebook同様に世界に名を知られる人物です。

マークザッカーバーグの才能は、年少の頃から発揮されており、
プログラム能力はコンピューターを専攻している
大学生を上回るほどのものだったと言われています。

マークザッカーバーグがFacebookを立ち上げたのは、ハーバード時代に遡ります。

Facebookは若者の心を捉え、瞬く間に成長し、
彼は大学を中退し、会社経営に専念します。

順風満帆に思えた彼の人生ですが、
Facebookは他のサイトのアイディアを盗んだものとして訴えられ、
結果として65億もの負債を負うことになります。

ですが、その後、自身の伝記本を出版したり、
映画「ソーシャルネットワーク」が公開されることで、
さらにFacebookは成長し続けたため、
ついにマークザッカーバーグは史上最年少のビリオネアになり、
世界の資産家の仲間入りを果たします。

2012年には、大学時代から交際していたプリシアチャンと結婚し、
2015年には第一子となるマックスが誕生します。

そして、愛娘の誕生をきっかけに、
「チャンザッカーバーグイニシアチブ」を創立し、
生涯寄付活動をすることを宣言したことが話題になり、
世界から注目されています。

世界の資産家の一人、アマンシオオルテガ氏をご存知ですか?

スペイン生まれの実業家で、日本でも大人気の
ファストファッションブランドである「ZARA」の創業者です。

そう、一時期は日本でもハイブランドファッションが流行し
即日借入も可能!専業主婦におすすめのカードローンなんかを利用しなければなりませんでしたが、
いま、時代はファストファッションで、専業主婦にも手が届く価格帯が増えました。

その代表といっても過言ではないのがこのZARAでしょう。

zara.jpg

世界の長者番付で、かの有名なマイクロソフト社の創業者である
ビルゲイツ氏を抜いて一時的に1位になったこともある大富豪。

その後、ビルゲイツ氏が総資産793億ドル、
アマンシオオルテガ氏が785億ドルとなり、世界2位となりましたが、
数千円から数万円とアパレル商品は価格帯が様々ですから、
アパレル業界でこの資産を築き上げたことは正に驚異的と言えましょう。

こんなにお金持ちなのだから、
さぞかしきらびやかで裕福な生活を送っているのだと誰もが思ってしまいますが、
実はアマンシオオルテガ氏はめったにメディア露出しないことで有名な人物です。

その性格は控えめで、目立つこと嫌うそうです。

マスコミからのインタビューにもほとんど応じることがありません。

そんなアマンシオオルテガ氏は、実は貧乏な子供時代を送っていました。

オルテガ家は貧しく、子供時代はいろいろな苦労をしたと思いますが、
その真面目な性格で下積み時代を経て、現在の地位を築いています。

27歳で独立しましたが、大富豪となった今でも贅沢をしない上、
バリバリと現場で働いています。

世界の資産家の中でも指折りの資産の持ち主と言われる
ウォーレンバフェットですが、投資家と言う一面だけでなく
資産の85%を慈善活動に寄付した伝説を持つ人物でもあります。

ユダヤ人でありながらアメリカの経済学者でもある
ベンジャミングレアムを恩師として経済に付いて株式投資の研究を重ね、
現在でも多数の投資家たちの憧れに名を連ねて居ます。

ちなみによく耳にするのは、彼のように投資を行えば大儲けするのでは?と
浅い考えで投資を行い大失敗するということです。

大失敗してしまうとキャッシングなどでお金を借りることになると思いますが、
キャッシングでおすすめな業者といえば、
【最短1時間】お金を借りたい人のためのキャッシング【即日対応可】です。
土日でも即日に借りられるそうなので便利ですよね。

著書は出版される度に日本でも大きな反響を呼ぶ程で、
金融市場もウォーレンバフェットの言葉で動く事は珍しい事ではありません。

世界の資産家として資産の増加は
上り詰めるのに贅沢をしない質素な嗜好を持つ人物としても知られて居ます。

有名な話ではコカ・コーラとハンバーガーをこよなく愛して居て、
どんな豪華な食事で持て成しても目もくれなかったと言う話もある程です。

偏食ぶりがとても有名な話になって居て、
コーラの中でもチェリーコークが好きすぎて一日に6本飲む事も有名な話です。

また所有する車でも資産家特有の沢山の車を所持する事は無く、
古い車を二台ほど所持して居ると言う庶民的な感覚が
とても身近に感じられる人物とされます。

数々の名言を言い残している事もあり有名な言葉は、
世論調査なんて考える事の代わりにはなりません、と言う言葉があります。

世界の資産家としてマイクロソフト創業者のビルゲイツが知られています。

父親は法律家で裕福な家庭に育ち、学校のコンピュータに興味を持ちます。

その知識を生かし高校時代には友人のポールアレンとともに会社を作り、
州政府に交通量計測システムを納入したり、給与計算システムの作成を行いました。

また大学時代にはこのアレンとともに1973年マイクロソフト社を設立しました。

そして1980年IBMはアップルⅡの大成功を見て
パーソナルコンピューターの本格的な市場参入を決め、
PCの開発に乗り出します。

そして短期間で開発するため
自社での開発をあきらめマイクロソフト社に依頼しました。

そして当時OSの開発をしていなかったマイクロソフト社は
他社から破格の条件で手に入れたOSをIBM用に作り替え、
さらにMS-DOSとしてライセンスを取得し、現在の基礎を作りました。

そしてこのMOS-DOSでも将来的に通用しなくなると見抜き
1985年にはwindosを開発しました。

そして1990年後半にはOSの世界一シェアとなりました。

2008年6月には第一線から身を退き
慈善団体を立ち上げ発展途上国への慈善活動を行っています。

アメリカにはこうした資産家がたくさんいます。

あんなに安いイメージのユニクロですが、時給はかなりいいと思っています。

以前は子供の育児で私も働きに出ることができず、切羽詰まった時は、
今日中に専業主婦がカードローンから借り入れる方法を探すことがありましたが、
今はユニクロでパート社員として働いています。

時給も他のバイトと比べても良いので、貯金もちょっとづつできるようになりました。

さて、そんなユニクロですが、
2015年の世界の資産家ランキングでは、
日本ではユニクロの柳井正氏が41位に入って
文句なしの日本一の大富豪となっています。

柳井正氏の資産総額は約2兆4270億円となっており、
日本人では唯一の2兆円台の資産を保有しています。

柳井正氏はユニクロの創業者であり、
現在はユニクロを中心とした企業である
ファーストリテイリングの社長を勤めています。

50048210_480x479.jpg

そのため、柳井正氏は
ファーストリテイリングの株式の22%を保有する大株主となっていて、
資産の大部分はファーストリテイリングの株式の価値が反映されたものとなっています。
近年のファーストリテイリングは、
中国などの海外での販売を伸ばしてきていて業績を拡大されてきた実績があります。

その結果として、ファーストリテイリングの株価も上昇することとなり、
柳井正氏の資産も急速に増加していく状況が生まれています。

また、柳井正氏には2人の息子がいて、
それぞれにファーストリテイリングの株式の4.5%を持っています。

したがって、柳井正氏の息子の資産も
3000億から4000億といった金額を保有していることになります。

さらに将来的には父親の株式を相続することになるため、
今後は莫大な資産を形成することが予想されます。